Artist

Naoko Tosa

アーティスト

国際的に有名なアーティスト兼アート&テクノロジー領域の研究者であり、京都大学大学院総合生存学館アート・イノベーション産学共同講座の教授。マサチューセッツ工科大学の先端視覚研究センター (CAVS、現在は芸術、文化、技術の MIT プログラムとして知られている ) のアーティスト・フェローを経て現職。土佐の作品の特徴は、自然に隠された日本美をテクノロジー用いて取り出し作品に結集させることにある。現在は、企業との共同によるアート・イノベーション(アートをベースとした社会の革新)プロジェクトを推進している。

update

2020.02.09
第13回宇宙ユニットシンポジウム「人類は宇宙社会をつくれるか?―宇宙教育を通じた挑戦―」 パネルディスカッション登壇
2020.02.03
東京藝術大学主催 クリエイティヴ・レガシーにて、 講演「時を超える」&パフォーマンス 実演
2020.01.19
朝6時半~7時テレ朝(全国放送)「松岡修造TOKYO2020応援宣言」にて、スポーツとアートの融合「オリンピック出場選手が情熱を形に変える"サウンド・オブ・パッション"に挑戦!」コーナーにて出演。
works
代表作品
作品購入はこちら
PAGETOP